第2回WordPress新エディター「Gutenberg」の投稿画面

こんにちは、ながまさです。
前回は、Gutenbergの、基本的な使い方をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

意外と使えるんじゃないの、と感じた方も少なくないでしょう。
実際自分もそう思いました。

パーツの配置がどこにあるかわかれば、さらに使いやすく感じることでしょう。

   

WordPress5.0にバージョンアップしないほうがいい方

そうは言っても、バージョンアップしないほうがいい方もいます。

投稿をツールで行っている方です。
あいつは、自分のところにもツールの開発者さんからメッセージがありました。
メッセージの内容は

WordPress5.0にはまだ未対応です。
【ツール名】から投稿するWordPressは5.0に更新しないようにご注意ください。

とのことです。
ほとんどのツールは、まだ未対応だと思います。
開発者、ツール販売者のアナウンスを待ってから、バージョンアップしたほうが無難です。

テーマにおいても、確認を取ってからバージョンアップしましょう。デザインが崩れてしまう可能性があるかもしれませんので。

投稿画面の紹介

それでは早速見ていきましょう。
前回お話ししましたが、新規投稿画面ではブロックを選択していない場合は何も表示されません。
タイトルの左上にあるアイテムもグレイ表示で選択することができません。

アイテムがグレー表示

ブロックを選択すると

アクティブ状態になります。
それではこのアイテムからみていきましょう。

1からみていきます。
クリックすると次の画面が表示されます

よく使うもの

あなたが、普段よく使うものが表示されます。
例えばこんな感じです。

段落、画像、見出しはよく使っています。
祖霊川使っていませんが(笑)よく使うと予測されるものでしょう。

インライン要素

まずはインライン要素ですが、「インライン画像」があります。
これでテキストの中に画像を挿入することができます。
【または「画像」インライン要素】の画像がインライン画像になります。

一般ブロック

一般ブロック

一般ブロックには、「段落」「画像」「見出し」「ギャラリー」「リスト」「引用」「音声」「カバー」「ファイル」が用意されています。
まず最初に使うブロッになるかと思います。

実際の使い方は、記事を投稿・編集してみようでご紹介したいと思います。

フォーマット

フォーマット

フォーマットには、「カスタムHTML」「ソースコード」成形済み」「ブルクオート」「テーブル」「クラシック」「詩」があります。

こちらも、後程いくつかご紹介させていただきます。

カスタムHTML」 や
「テーブル」 はよく使うのではないでしょうか。

レイアウト要素

レイアウト要素

レイアウト要素には「ボタン」「カラム」「メディアと文章」「都築を読む」「改ページ」「「区切り」「スペーサー」が用意されています。


区切りを入れてみました。


ウィジェット

ウィジェット には、 「最近のコメント」ショートコード」「アーカイブ」カテゴリー」「最新の記事」がyプイされています。

埋め込み

埋め込み

埋め込みには「埋め込み」と33のサービスが用意されています。
「Twitter」「YouTube」「Facebook」「Iinstagram」「WordPress」「SoundCloud」「Spotify」「Flickr」「Vimeo」「Animoto」「Cloudup」「CollegeHumor」「Dailymotion」「Funny of Die」「Hulu」「Imgur」「Issuu」「Kickstarter」「MMMeetup.com」「Mixcloud」「Photbucket」「Polidaddy」「Reddit」「RebverbNation」「Screencast」「Scribd」「Slideshare」「SmugMug」「Speaker Deck」「TED」「Tumblr」「VideoPress」「WordPress.tv」です。
海外のサービスなので、なじみのないサービス名もあるかと思います。

①の紹介は以上です。

文字数と文章の概要

文字数と文章の概要

②をクリックすると、上記のようなダイアログボックスが現れてきます。
以前のバージョンでは、文字数は投稿の左下に表示されていました。
Gutenbergでは、文字数だけでなく「文章の概要」などもわかるようになりました。

ブロックナビゲーション

ブロックナビゲーション

最後に、③はブロックナビゲーションになります。
クリックするとその個所に移動します。

いかがでしたでしょうか。
最初は真っ白けの画面で戸惑ったかもしれませんが、どこに何があるのかわかれば、幾分かとっつきにくさも解消されたのではないでしょうか。



Gutenberg ならではの便利な機能もありますのでぜひ使ってみてください。

次回は、投稿画面の右側の紹介になります。
お楽しみに!

最新情報をチェックしよう!